スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きるものの価値!!

2009.11.11 06:04|動物
以前記事にした事のある映画。

「犬と猫と人間と」。

上映してすぐ見に行きました。

なんて書いていいのか、自分の中で???

いままで書くことが出来ずにいました。


ドキュメンタリー映画なので出演されている方々は

自分の立場から〝最善〟を考えて個々活動されています。

野良猫にえさをあげる人、不幸な猫が増えないように避妊去勢手術をする人、

犬捨て山と言われてる場所で犬の世話をする人々。

小学生の子供たちがお年玉を出し合って捨て犬の世話をする姿にホッとしたり。

飯田監督の穏やかな声で悲しい場面も救われる気がしました。

皆さんがしっかり動物と向き合って行動してる姿に頭が下がりました。


でも なんか違うんですよ。

自分になにができるのか。

と考えた時。何もできない事に気がつきました。

子供の頃からの一つの疑問があるからだと思います。

犬や猫を、どうして殺さなければいけないのか。

捕らえなければいけないのか。犬は狂犬病があるからと聞きますが、

猫はなぜ?

野生の猫がいてはいけないのですか。

野良猫は飼い猫より寿命が短く、食料もなかなか無いのかも知れませんが。

疑問です。

そもそも人間が飼うこと自体どうなのかなと。
スポンサーサイト

いたたっ!!

2009.10.24 22:41|動物
今朝の出来事。

郵便が来てちょっと玄関を開けた時のこと。

お隣の犬が我が家に侵入!!

彼女はテリアとの雑種で大人しくてそれ程大きくない子。

結構懐いてはいるけど、家の子とは初対面。

最初は怖がってそばに寄らないとタカを括ってたけど・・・。

とんでもないオンナ達でした。

2匹揃って一斉に飛び掛かって・・・・・・・。 (@@)

慌てて引き離そうとにゃんぴーの脇腹を掴んだとたん、

立ててた小指を〝がぶり〟とヤラレテしまいました!!


いったたたたぁ~~!!

痛いのなんのって~ 小指の爪が割れるほど。(泣)

猫の口腔にはパスツレラやバルトネラという病原菌がいて抗生物質の

服用が必須と聞いていたので病院へ行って来ました。

幸い処置が早く腫れも酷くなく数日で治るようですが。

彼女たちの野性の姿を初めてみました。


〝がぶりっ〟といったその後、ふと我に返り済まなそうにしてる姿を見ると。

仕方ないか。と

きっと凄くコワかったんだろうなぁ。

それぞれの動物愛護のカタチ Ⅳ!!

2009.10.11 06:31|動物
藤野真紀子氏の話から~。

今後の動物愛護。

1) 国民が声をあげて欲しい。(署名をしたり、知ってもらう。)

   小さいコミニティーの議論が世論を動かします。

2) 人間の問題。

   飼い主の教育。子供の頃から命の大切さを教える。(大人は子供の鏡である)

   犬は、野生ではない。犬も確り教育するべき。(動物の特性を知り、理解する。)

   飼う時に教育(講習を受けてもらう。)

3) 政治→法律を細かく作り直す。(曖昧過ぎて取り締まれない。)

   虐待など見かけたら警察(生活安全課→他に言っても解らない。)に通報する。

   きちんと処罰してもらう。

4) ペットビジネスの在り方を考える。

   ブリーダーの繁殖のさせ方。売れない犬はどこへ。

   
藤野氏は元衆議院議員で食育研究家。動物愛護にも熱心に活動されて

仕事の傍ら、愛護センターの見学やパピーミルの視察など・・・。

とてもお綺麗な方で、何処かで見たことが?と思っていたら家にあったケーキの本の方でした。(余談でした。)

政治の方でも環境委員会に3億6千万円の予算を計上したり、

シェルター化10年計画で年1億円×10年の予算を貰えるまでになりました。


今回のイベントでみなさんが言ってたこと。

今日来た事をみんなに伝えて欲しい。写真撮ってブログに載せてください。と

海外の話もされていました。オーストリアでは首輪も付けず散歩ができる。

ドイツでは殺処分がゼロだと。 イギリスでは~。

日本がおかしい。 その通りだと思います。

でも今の日本で首輪付けずに散歩したらどうなるでしょう。

犬がマーキングするのは当然の行為と言われても・・・。

良識ある人たちならTPOを考えて行動できるでしょうが、動物愛護の名を借りて

主張だけされる方たちには、どう言えば理解されるのか。

やはりまずは、人間から変えていかないと。



もっともっと問題がたくさんあるんですが、

勉強不足のため、曖昧な点もあるので

勉強しながらその都度、書いていきたいと思います。

今回のイベントとても参考になりました。

主宰してくれた方々、パネラーの方々ありがとうございました。

それぞれの動物愛護のカタチ Ⅲ!

2009.10.07 18:33|動物
動物好きならペットショップの前で立ち止まって犬や猫をみたこと

ちいさな仔犬や仔猫を見て欲しくなったこと、あると思います。

だが、その仔達がどこから来たのか考えたことはあるだろうか?


ブリーダーとパピーミル

両方とも繁殖者のことです。 考え方、動物に対する思いが違いますが。

≪ブリーダー≫  その犬種に惚れ込み、その犬を多くの人に広めたいとの思いから
         
 真面目にブリードしている人を言う。扱う犬種は一種、若しくは数種。

犬が好きで、繁殖犬には無理をさせず交配回数も年1度程度。

飼育環境も健康管理も万全。

ただ、ブリーダーにもまじめな人、そうでない人がいる事も知り

自分の目で確認したいものです。

≪パピーミル≫  悪徳ブリーダーの事をこう呼ぶ。

犬の工場のように仔犬を生産するために売れる流行の犬を連れてきては

年に何度も産ませる。(犬種はさまざま、時に異犬種間の仔が産まれると

近い方の犬と偽ることもあるそう。)

近親間での繁殖は当たり前、窓のない(陽の当たらない)部屋で狭い

ゲージに閉じ込められ食事も生きるのに必要な量しか与えられず水もない。

ゲージは汚れ放題、病気になってもほったらかし。

遺伝子的観点からも障害を持っていたり弱い仔が産まれやすい。

そんな仔を知らずに買って大きくなって歩けなかったり、死んでしまったり

純血種(血統書付)は弱い。と思っていたが実はそうではなかった。

その血統書もどんなもんだか・・・。


ペットショップで動物を買うときはそんなことも考えてみて欲しい。

「このペットショップは清潔で管理も良さそう。」

というのは間違えです。

考えるべき問題はその裏にあるパピーミルの存在です。

売れる度に儲かります。そのお金で不幸な犬がまた増えてしまいます。

そして売れ残った子達はどうなってしまうのか。

「こんなに大きくなって売れない犬だからかわいそう」

と買われる人がいます。

先日のイベントでは買ってはいけない。といってましたが

自分を考えると人間として見過ごせないと感じてしまいました。


最後に

ペットショップで買ってはいけないと言っている訳ではありません。

良心的に行っている所はたくさんあります。

重要と供給があえば売れない犬は生まれません。

あと、障害のある仔達を差別している訳でもありません。

お金のためだけに近親間での繁殖、飼育環境で歪められた

(普通の環境では起きなかった病気や障害)仔達を減らしたいという

思いだけです。

動物はモノではない。 考えて欲しい。

繁殖用にと汚い狭いゲージで一生を終える母犬がいることを。


それぞれの動物愛護のカタチ Ⅱ!!

2009.10.06 22:05|動物
今回のイベント、大半の方が何らかの運動に携わっている方たちで

若葉マークの私には??の部分もあったりして・・・。

みなさんのお話を聞かせていただいて~。


愛護センター・・・と聞くと動物を保護し里親を探して・・・なんてイメージでした。

センターに来て3日~5日、引き取り手がいないと・・・

現状は、安楽死と言われてますがそれには程遠い、窒息死。

殺処分を行う箱を ドリームボックス と呼び

毎日全国で1000匹近くが殺されています。

箱の小さな窓からは、かなしそうな目、そして苦しみながら一生を終える

動物たちを見てノイローゼになり辞めていく職員もいるそうです。

いくつかのセンターでは、職員の方々の努力でかなり改善されているケースもあるそうです。

捕獲される以外に飼えなくなり連れてこられるケースも多いそう。

理由は  収入がない。

      老犬になり飼うのが大変。[病気になった]
  
      他頭飼いでもといた犬との相性が悪い。

      無駄吠えをする。   などなど・・・。

業者と思われる方々もたくさんの犬を処分しにくるそうです。


犬は種類によって性格が違い、それを知った上で自分にあった犬を選ぶべき。

どうもブームに弱い日本人。 それは動物に対しても同じでかわいいから

今人気あるからとぬいぐるみでも買うように飼ってしまう。

それも産まれて1か月足らずの子達。

イギリスでは生後8週未満の犬、猫は母親から隔離、販売禁止です。

親や兄弟から学ぶことも大切だししつけも必要だとか。

問題行動を起こすのはそんな事情もあるといいます。

飼う側、人間のしつけ(動物を理解すること)が必要ですね。

犬や猫を理解しないひとが、犬や猫から信頼されるわけないです。


明日はブリーダーのことについて書きたいと思います。

マルコ・ブルーノ氏のマニフェストを追記に載せたいと思います。

是非 ご一読お願いします。

続きを読む >>

05 | 2017/03 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター

ありがとう!

現在の閲覧者数:

プロフィール

nyaaomi

Author:nyaaomi

カレンダー

05 | 2017/03 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

今日の月は?

衛星ch

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

フリーエリア

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。