スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴッホ展!!

2010.10.02 23:58|博物館・美術館
没後120年を記念して『ゴッホ展 ~こうして私はゴッホになった~』

が国立新美術館にて開催されています。

サブタイトルを見て??と思っていたら

ゴッホが画家を目指してから影響を受けた画家たちやその作品。

絵画表現法の基礎を手ほどきしたハーグ派のモーヴや、モネ、ロートレック、

ゴーギャン、スーラなどの油彩画31点、版画8点。

自身が収集した浮世絵などを同時に展示し

その軌跡をみせてくれています。

いちばんすきな「星月夜」は展示されてなかったけど。↓これ!!

星月夜
1889年 サン=レミにて(現在はMOMAに所蔵されています。)

画家によっては、ポストカードで良いかな。なんて・・・。

ゴッホは是非実物を見て欲しい。

なんか じーっとみているだけでパワーをもらえて。

とりたてて凄くすきな画家というわけではないんだけど、

「星月夜」には、お世話になりました。(苦笑)


あっ! そうです。

会場内に

アルルでゴーギャンの訪問を待つ間に描かれたと言われる有名な「アルルの寝室」

の部屋を原寸大で再現するという興味深い展示も行われます。

ゴーギャンの為に室内を絵でかざり、うきうきした感じが絵にも

あらわれている気がします。

寝室の空間をどのように捉え、表現したかを探る画期的な試み。

友人もお手伝いをしたらしく「ぜひ見に来て!!」

と言われ行ってきました。


会場:国立新美術館(六本木)

会期:2010年10月1日(金)~12月20日(月) 10時~6時(金~8時まで)
   
休館日:火曜日

観覧料:一般1500円、大学生1200円、高校生800円、中学生以下:無料。
スポンサーサイト

コメント

「夜」も「青」も

nyaaomiさん、こんにちは。
『星月夜』はいいですね!
ゴッホは陽光と黄色のイメージがありますが、
「青」とか「夜」もいいんですよね。
夜のカフェを描いた絵もありましたね。
あれなども、大好きです。

Re: 「夜」も「青」も

こんばんは 乙山さん。

同じです!!
「夜のカフェテラス」「星降る夜」など
良いですね~。^^
青い夜空に黄色い月(明り)
淋しい感じにならないんですよね。
非公開コメント

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター

ありがとう!

現在の閲覧者数:

プロフィール

nyaaomi

Author:nyaaomi

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

今日の月は?

衛星ch

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

フリーエリア

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。